初めての方銀座院 0120-883-250
診察券をお持ちの方銀座院 03-6887-8210
メールでのお問い合わせ
初めての方名古屋院 0120-451-170
診察券をお持ちの方名古屋院 052-581-2224
メールでのお問い合わせ
初めての方大阪院 0120-121-051
診察券をお持ちの方大阪院 06-6347-1031
メールでのお問い合わせ

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

施術のご案内

  • 目元
    二重
  • 輪郭
    小顔
  • 口元
  • バスト
    豊胸
  • 痩身
    脂肪吸引
  • エイジング
    ケア
  • 美肌
    レーザー治療
  • 注入
  • プチ
    整形
  • 医療
    脱毛
  • 毛髪
    再生
  • コスメ
    サプリ

コスメ・サプリ

  • 手術の詳細
  • 症例写真集
  • 術後経過写真
  • Q&A

メディカルダイエット

詳細

「食欲抑制剤」や「脂肪吸収抑制剤」、「糖質吸収抑制剤」など医療機関でしか取り扱うことが出来ないダイエット医薬品を内服することで、無理なく確実にダイエットを強力サポートします。

内服薬の種類

1. サノレックス(食欲抑制剤)

サノレックス

【商品説明】
厚生労働省が認可した医療用の食欲抑制剤です。食欲中枢神経に働きかけ空腹感を感じることが少なくなり、食べ物への執着が少なくなります。 食欲を抑制し摂取カロリーを抑える効果と体の消費エネルギーを促進することで代謝が良くなる効果で体重を減らします。

【使用方法】
1日1回 昼食前に1錠服用してください。
※睡眠障害を引き起こすことがありますので夕方~夜間の服用は避けてください。

【注意事項】
・一度に処方できる用量は14日分までが限度となっています。
・また、服用期間は出来る限り短期間とし3ヶ月が限度となり、再服用は休薬期間必要となります。
・1ヶ月以内に効果がみられない場合は投与を中止することがあります。
・本剤の服用にあたっては、医師の指示による、用法及び用量を厳守していただきます。

【副作用】
口の渇き、吐き気、便秘、睡眠障害、頭痛、動悸、うつなどが起こる場合があります。
あまり心配いりませんが、副作用があらわれた場合は、服用を中止し医師にご相談ください。 まれに、依存性・肺高血圧症が起こる可能性があります。


 

2. ゼニカル(脂肪吸収抑制剤)

ゼニカル

【商品説明】
食事で摂取した脂肪分の吸収を抑える脂肪吸収抑制剤です。
脂肪分を吸収する脂肪分解酵素(リパーゼ)の働きを抑え、脂肪の吸収を抑制し摂取カロリーを大幅にカットします。
服用することで脂肪の吸収を約30%抑制でき、吸収されなかった脂肪分は便に混じって排泄されるため、体内に蓄積されることがありません。

【使用方法】
食事毎に1カプセルを食事中か食後1時間以内に水と一緒に服用します。
※食事をしなかった時や脂分の少ない食事の時は服用する必要はありません。

【注意事項】
ゼニカルはビタミンA、D、E、K、βカロテンの吸収も抑制されるため、バランスの良い食事やサプリメントで補うことが大切です。

【副作用】
主な副作用は、脂分が排泄されることによる下痢です。脂肪分が便と一緒に排出されるため、便の性質が変わったり 、便通の回数が増えたりすることがありますが、これ自体には問題はありません。 その他、胃のもたれ、腸の不快感などの症状が生じる場合があります。


 

3. BBX

BBX

【商品説明】
ストレスホルモンと言われるコルチゾールは分泌が増加すると、イライラ感や過食を引き起こし、コルチゾール値が高い状態が続くと摂取した糖質が脂肪として蓄積されやすくなります。
BBXはコルチゾールの分泌をコントロールすることで、食欲を抑制してダイエットによるイライラを防止します。
また、多数の天然原料を配合することで、脂肪燃焼効果や摂取カロリーの約50%をカット、身体の引き締め効果や解毒作用があります。 無理なダイエットによるストレス太りをサポートするサプリメントです。

【使用方法】
昼食と夕食の30分前に1錠(1日2錠)服用または、昼食または夕食どちらかの30分前に1錠(1日1錠)服用して下さい。

【副作用】
服用初期に下痢、虚脱感、喉の渇きなどが起こることがあります。症状が長く続く場合は服用を中止し、すぐに医師へご相談ください。


 

4. L-カルニチン

Lカルニチン

【商品説明】
L-カルニチンは脂肪燃焼に必要不可欠な栄養素です。体外から補給することで体内の脂肪燃焼をサポートします。
短期間での効果は乏しいため、毎日継続的に摂取することが重要なポイントです。 L-カルニチンを十分に補給していれば、体に溜まっている脂肪は順次エネルギーとして使用され、食事で摂った脂肪も速やかに燃やされるため、無理なくダイエットができることはもちろん、体脂肪がつき難くなり、太りにくい体質になるのです。
運動も取り入れて頂くことで、より脂肪燃焼促進効果が高まります。

【使用方法】
生活習慣や体質により必要量は一律ではありませんが、一般的には200mg~500mgの継続的な摂取が望ましく、摂取するタイミングはいつでも大丈夫です。

【副作用】
重大な副作用が起きたという報告はこれまでありません。体質によっては、下痢や腹痛などの軽度の副作用が起きる可能性があります。


 

4. スリーエフ(食欲抑制剤)

スリーエフ

【商品説明】
舌下にスプレーするだけで自然な満腹感が得られ、空腹感をコントロールできる食欲抑制剤です。
スリーエフには、満腹中枢を刺激するセロトニンの生成を促す作用があり、過度の空腹感や食欲を抑えてくれます。成分が口の粘膜から吸収されるので即効性があり、使用後数分で効果があらわれ約2時間持続します。スリーエフは天然成分由来で安全性が高く、風味はさわやかな柑橘系です。
ダイエット中のつらい空腹感を解消し、ストレスのないダイエットをサポートします。

【使用方法】
1日5回空腹時に舌下に3プッシュします。
食前の使用がおすすめです。食事を取らない場合でも1日を通して使用できます。
1本1日5回3プッシュ使用で1ヶ月使用可能です。


 

5. ダイエット点滴 (L-カルニチン+αリポ酸)

ダイエット点滴

【施術説明】
ダイエット点滴は、燃焼効果をアップし痩せやすい体質に変えてくれます。
脂肪燃焼に効果の高いL-カルニチンや強力な抗酸化作用・脂肪燃焼をサポートするαリポ酸等ダイエットに欠かせない成分を一緒に補えます。
点滴で直接血中に届ける事でより大きな効果を発揮します。

【使用頻度】
1週間に1度が理想となります。継続して行うことでより効果を実感頂けます。




ボトックス器具の写真

ダイエット薬品購入の注意点

ダイエット薬品をインターネットで個人輸入で購入されるケースが増えてきています。
個人輸入で購入できる薬品は偽物が多く、効果がないだけでなく安全性の確認が出来ない成分や劇薬が混入されている場合もあります。
命に関わるだけでなく、実際に亡くなられているケースも出ているため、購入の際には信頼のあるクリニックにて医師よりカウンセリングを受けて処方することが重要です。

メディカルダイエット よくある質問

メディカルダイエットの薬は安全ですか?
安全性に問題はございません。
厚生労働省や米国FDA(医薬品を認可する組織)で正式に認可されているお薬のため安全性に問題はなく、肥満薬として世界各国で一般的に使われています。BBXやスリーエフのサプリメントでは重大な副作用の報告はありません。
ダイエット薬の副作用はありますか?
副作用は以下の通りです。
【サノレックス】
  口の渇き、吐き気、便秘、睡眠障害、頭痛、動悸、うつなど

【ゼニカル】
 下痢や便の性質の変化、便通の回数の増加、胃もたれ、腸の不快感など

【BBX】
 下痢、虚脱感、喉の渇きなど

【スリーエフ】
 副作用の報告はありません

※強い副作用の場合には服用を中止し医師にご相談ください。まれに、依存性・肺高血圧症が起こる可能性があります。
ダイエット薬が服用出来ない場合はありますか?
以下の方には服用頂けません。
【サノレックス】
緑内障・妊娠中の方・未成年・重症な心臓病・膵臓病・腎臓病・肝臓病・高血圧症・脳血管病状・薬物やアルコール乱用歴のある方・統合失調症方には使用することが出来ません。糖尿病・てんかんの既往のある方・精神疾患の既往のある方・高齢の方には慎重に服用する必要があります。

【ゼニカル】
・オルリスタットにアレルギー反応を起こす人・18歳未満・妊娠中・授乳中・ホルモン治療をしている方・心臓ペースメーカーを使っている方・消化不良を起こす人・胆のうに障害がある方は使用することが出来ません。

【BBX】
・BBXの成分に対し過敏症の既往歴のある方・重症の高血圧、心臓・膵・腎臓・肝臓・脳血管等の障害のある方・薬物やアルコール乱用歴のある方・統合失調症・妊婦、授乳中の方・小児には使用することができません。
美容整形・メディカルダイエットならヴェリテクリニック
女性の患者様だけでなく、男性の患者様のご相談や整形手術も増えています。 ヴェリテクリニックは医師を育ててきた指導医によるクリニックです。 現在も多くの医師がヴェリテクリニックの医師の施術を学んでおり、手術指導を行なっております。