このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。


美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  医薬品・化粧品 >  SUBSTANCE H2


SUBSTANCE H2

悪玉活性酸素を除去

水素カプセル
「SUBSTANCE H2」

水素の含有量が倍になりました!

このような方に向いています

・お身体のたるみが気になる方
・体内毒素が気になる方
・便秘にお悩みの方
・疲労感軽減をしたい方
・眠りが浅い方
・手術後の腫れを緩和したい方
・血糖値や血圧が気になる方
・アレルギー症状にお困りの方


カラダの不調や老化の原因は「活性酸素」

活性酸素のイメージ

活性酸素は、細菌やウィルスから私たちの体を守る免疫システムとしての働きも持っています。
しかし、体内で過剰に発生すると多くの病気や老化の原因にもなります。
糖尿病や高血圧・動脈硬化・脳梗塞などの生活習慣病には、この活性酸素が関わっているといわれます。

人間の体は、1つ1つの細胞が血液から酸素と栄養分を受け取り、酸素で栄養分を燃焼させてエネルギーに換えています。
呼吸によって体内に取り入れられた酸素のうち、使われなかった約2~3%が活性酸素として体内に留まります。
つまり、呼吸をすることで生きるためのエネルギーを得ている人間にとって、活性酸素の発生は避けることのできないものです。



水素の「活性酸素除去作用」

悪玉活性酸素を除去

抗酸化食品の代表的なものとして、ポリフェノールやビタミン・カテキン・フラボノイドなどが挙げられますが、活性酸素を無害化するには大量に摂取する必要があり、現実的ではありません。 そこで、もっとも小さな元素で抗酸化作用を持つ水素が着目されています。
活性酸素には「善玉活性酸素」と「悪玉活性酸素」の2種類があります。

善玉活性酸素は、外部から入り込んだ細菌・カビ・微生物等を殺菌・除去する役割を持っていて、神経伝達や血管新生、免疫力向上等で生命維持に必要なものです。

悪玉活性酸素は、非常に強い酸化力で細胞に損傷を与えて身体を酸化させて、病気や老化を引き起こす悪い活性酸素です。
水素は、悪玉活性酸素のみを選択的に除去します。


【抗酸化】
遺伝子、細胞、組織の変化を抑制
老化、加齢性疾患の予防/治療
【抗炎症】
活性酸素による炎症増幅を抑制
慢性の痛み/かゆみを軽減
【抗糖化】
糖尿病合併症の発生を抑制
糖化老化物質であるAGE産生を抑制
【代謝】
活性酸素発生源のミトコンドリアを保護
エネルギー産生能を維持

胃で拡散しない! 腸まで届く腸溶カプセル

水素カプセルは酸性状態で発生スピードが上昇するため、胃での溶解は「胃内ガス(ゲップ)」となって排泄されてしまうため、効率が良くありません。そのためカプセルを「腸溶」することによって、胃酸への接触を避け、消化液(アルカリ水溶液)によってゆっくりと水素ガスを発生させるように作ってあります。



1カプセルで水素ガス68ccを摂取!(水素水の約2リットル分に相当)

【水素カプセル68】は1カプセルに68ccの水素ガスを含み、このガスが時間をかけて(24時間*)身体に供給されます。68ccの水素ガスは「飽和水素水(1.5ppm)約2リットル分」に相当します。「飽和水素水(1.5ppm)を24時間かけて2L飲む」より【水素カプセル68】を1カプセル摂取するほうが効率的です。



点滴と内服の違い

水素の摂取方法としては水素点滴もありますが、 体内で水素が働くのは水素カプセル68です。
投与する水素分子量を100とした場合の水素注射(点滴)と水素カプセル(内服薬)の違いはこちらです。

 注射・点滴水素カプセル内服
投与時間5~40分約10時間
投与特徴瞬時大量投与長期微量投与
除去パルス投与による完全除去通常レベルのヒドロジカル除去
投与目的抗炎症・アレルギーなど予防的(摂取量によって治療的)


福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール


処方・お渡しの流れ

Step1
問診
問診表
問診表をご記入いただきます。
現在のご体調、既往歴や麻酔経験など、カウンセリングを受けて頂くために必要な情報をお伺い致します。
Step2
カウンセリング
カウンセリング
ご相談内容を、担当ドクターがお伺い致します。
「カウンセリングも治療の一部」という考えの元、ヴェリテクリニックではドクター自身がお話を伺います。
Step3
処方・お渡し
処方
ドクターが最適かどうかを考え、処方・お渡しさせていただきます。
その後の注意事項なども合わせてご案内いたします。
Step4
ご帰宅
ご帰宅
すぐにご帰宅できます。
お化粧も出来ますので、パウダールームをご利用下さい。

よくある質問


準備中です
 
 
line@友だち追加
Twitter