このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

MENU

【痩身・脂肪吸引】GLP-1注射

無理なく食欲を減らし
楽して痩せる!!

痩せやすい体質を目指す
メディカルダイエット
「 GLP-1注射 」

無理なく食欲を減らし、
楽して痩せる!!

痩せやすい体質を目指す
メディカルダイエット
「 GLP-1注射 」

※名古屋院のみのお取り扱いとなります。

皆さんは、お金と時間を使って食べてカロリーを摂取し、お金と時間を使ってジムに行ったり、苦しい食事制限をしたり、はたまた運動する時間がなかったり、いろいろお困りではありませんか?
それであれば、初めからカロリーを過剰に摂取しなければいいんです!

苦痛な時間やストレスはもう必要ありません!
もちろん、全く食べないのは体に良くありませんので、しっかりと必要な栄養をとりながら、カロリーの「過剰摂取」を防ぐ、これこそが無理なく健康的に痩せる方法となります。

厳しいダイエット

厳しいダイエット

GLP-1は、人間の腸内で自然に作られるインクレチンと呼ばれるホルモンの1つで、血糖値の急激な上昇を防ぐ働きがあります。
食事をして胃の中に食べ物が入ると、腸からGLP-1が分泌されます。
GLP-1の一部が血液の中を流れて膵臓に運ばれ、インスリンを分泌させます。
インスリンは糖を消費してエネルギーに変換するため血糖値が下がるという仕組みです。
またGLP-1がある状態では、空腹感がなくなり、食欲を抑制するとともに、食事の際も少量で満腹感が得られカロリーの過剰な摂取を防ぐことができます。さらに胃の消化がゆるやかになるので満腹感が持続します。

インスリンを分泌




インスリンを分泌

GLP-1製剤は、アメリカでは肥満治療薬として認可されており、ヨーロッパや韓国では抗肥満薬として認可されています。
日本でも糖尿病治療薬として厚生労働省が認可しており、実際に治療で使われていますので、安全性が確認されています。

GLP-1は厚生労働省認可の製剤です

GLP-1注射によってカロリーの過剰な摂取が無くなるため、普通の生活で十分に代謝が行われるようになり、自然に内臓脂肪が減るので。無理なく健康的な体質になります。
ヴェリテクリニックでは、美の観点だけでなく、体重の推移や食事の状況、健康状態などしっかりと経過を診ながら用量を調整して処方していきます。
少しでも気になることがあれば何でもご相談頂き、アドバイスしながら徹底して痩身をサポート致します。

★週1回お手軽コース 1本¥9,900

★毎日しっかりコース 1本¥38,500
(平均使用量で約3週間分となります)


※使用量は患者様により異なります。
※採血代が別途¥5,500となります。

GLP-1注射

個人差がありますが、基本的には重大な副作用はありません。
症状が出るケースとしては。低血糖、胃の不快感、吐き気、便秘、下痢、稀にアレルギーなどが生じる場合がありますが、医師の診断により用量を調整していきますので、症状が強い場合はすぐにクリニックにご相談下さい。

Q.食事の際は何を食べてもいいでしょうか?

特に食事内容の制限はございませんが、脂っこいものを控えバランスの良い食事を推奨します。


Q.どこに注射するのですか?

腹部、内もも、二の腕いづれかの皮下に注射します。


Q.太っていないのですが体型を維持したいです。そういった場合も可能ですか?

体重が増えないよう食事量をコントロールする為に使用する事も可能です。


Q.バストは小さくなりますか?

痩せる部分を予測出来ないので小さくなる可能性があります。


Q.筋肉は落ちますか?

体重が落ちることにより筋肉量も落ちる可能性がありますので、運動も併用して行う事をお勧めします。


Q.年齢制限などはありますか?

年齢制限は特にございませんが、未成年の方は親御様の同意が必要となります。


李政秀医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック名古屋院
李 政秀院長が監修しました。 プロフィール
標準的な通院期間・回数(※症状・条件等により期間・回数は変動します)

通院期間:1日 通院回数:1回

標準的な費用(※症状・条件等により金額は変動します)

検査等
血液検査
¥11,000

施術
GLP-1注射・週1回お手軽コース 1本
¥9,900
GLP-1注射・毎日しっかりコース 1本(平均使用量で約3週間分)
¥38,500
製品名
saxenda
未承認医薬品等であることの明示
この治療で使用される医療機器は医薬品医療機器等法上の承認を得ていない未承認医療機器です。
入手経路等の明示
「医師等の個人輸入」により適法な輸入許可を得ています。個人輸入された医薬品等の使用によるリスクに関する情報は下記URLをご確認ください。
https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/
国内の承認医薬品等の有無の明示
国内においては承認されている医療機器はありません。
諸外国における安全性等に係る情報の明示
現在、アメリカ合衆国のFDAにおける認証をはじめ、世界各国55か国で安全性が確認されています。
[SaxendaRの禁忌事項について]
甲状腺髄様癌の個人歴または家族歴のある患者、または多発性内分泌腺腫症症候群2型の患者。
リラグルチドまたは製品成分のいずれかに対して以前に重篤な過敏反応を示した患者。
妊婦。
[警告と注意事項について]
5.1甲状腺C細胞腫瘍のリスク
リラグルチドは、ラットとマウスの両方の性別で臨床的に関連する曝露で、用量依存性および治療期間依存性の甲状腺C細胞腫瘍(腺腫および/または癌腫)を引き起こす。