このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。


美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  エイジングケア >  PRP療法(多血小板血漿)


PRP療法(多血小板血漿)

詳細

PRPとは、ご自分の血液に含まれる血小板を用いて肌の治癒を助け、シワやたるみや肌トラブルの緩和を目指す治療法です。
PRPは美容治療はもちろんのこと、医療現場での治療やケガの治療にも用いられる再生医療です。

このような方に向いています

・目の下のシワ、目尻のシワが気になる方
・目の下のたるみが気になる方
・首のシワが気になる方
・ニキビ痕が気になる方
・手の甲のエイジングケアを期待される方
・肝斑の改善が気になる方

PRPの特徴

持続期間は1年~3年

自然な仕上がり


なぜ血小板が有効なのか?

血小板の中には成長因子という成分が含まれています。この成長因子はケガや傷などを修復する役割を持っています。
成長因子が持つ、体の細胞を修復、活性化することで、老化や肌トラブルの原因に刺激を与え、元気にすることで肌のエイジングケア、美肌を目指します。

他の注入物との違い

エイジングケア治療という点では大きな違いはありませんが、その機能は根本的に違います。
エイジングケア治療として一般的に用いられているヒアルロン酸注入やコラーゲン注入は、あくまで製造された注入剤であり、アレルギーの可能性、また、細胞自体のエイジングケアではないため数ヶ月から1年程度元に戻ってしまう治療でした。
それに対し、PRP治療は自己組織自体が活性化されるため、アレルギーの心配もなく、1年後に全く無くなってしまう訳ではなく、その後も穏やかに持続します。

PRP療法

経過

施術内容によりますが、PRP注入後から自己組織が活性化されます。約1~2週間後から徐々にあらわれはじめ、2ヶ月後には結果を体感頂けます。その後1~3年でPRPは吸収されますが、吸収後も肌再生が穏やかに続きます。 また、変化はゆっくり現れるため、変化が自然で見た目の違和感がありません。

施術の種類

PRP
ご自分の血液から血小板を採取し、しわやたるみ、クマの改善を目指す皮膚再生療法です。
ご自分の血液を使うため、自然な仕上がりを得ることができます。
腫れは2~3日程、変化は2ヶ月後からあらわれ、その後約1年程で吸収されていきますが、その後も成長因子により肌のエイジングケアは持続します。


福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール


PRP療法の流れ

Step1
問診
問診表
問診表をご記入いただきます。
現在のご体調、既往歴や麻酔経験など、カウンセリングを受けて頂くために必要な情報をお伺い致します。
Step2
カウンセリング
カウンセリング
ご相談内容を、担当ドクターがお伺い致します。
「カウンセリングも治療の一部」という考えの元、ヴェリテクリニックではドクター自身がお話を伺います。
Step3
メイク落とし・麻酔
メイク落とし・麻酔
施術部位のメイクを落としていただきます。
また、痛みに敏感な方には麻酔テープや麻酔クリームをご用意しております。30分程で麻酔の効果が現れます。
Step4
血液の採取
血液の採取
患者様から約10~20mlの血液を採取し、採取した血液は遠心分離機にて多血小板血漿(PRP)を取り出します。
Step5
デザイン・注入
デザイン・注入
濃縮したPRPをドクターが最適な箇所に注入を行います。 注入時の痛みは麻酔クリームを塗るため軽減されます。施術直後は赤みと腫れが生じますが、時間の経過と共に消失します。
Step6
止血・マッサージ
止血・マッサージ
ガーゼで止血し馴染ませるマッサージを行います。
Step7
仕上がりチェック
仕上がりチェック
担当ドクターと、お鏡で仕上がりをチェックしていただきます。
Step8
ご帰宅
ご帰宅
すぐにご帰宅できます。
お化粧も出来ますので、パウダールームをご利用下さい。

この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

  • 水光注射
  • ヒアルロン酸注入
  • ベビーコラーゲン
  • イデバエ


  • line@友だち追加
    Twitter