このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  エイジングケア >  ポラリス


ポラリス

詳細

ポラリス

シワ・たるみの原因は皮膚の下にある真皮層のコラーゲンの減少や細胞配列の乱れです。

ポラリスはラジオ波をレーザーの力でより深い真皮層へピンポイントで届かせ、サーマクールと同様に、真皮層を刺激・引き締めることでコラーゲンの形成・増殖を助け、肌にハリを持たせます。

冷却システムによって皮膚の表面ダメージを防ぐ点はサーマクールと同様(システムは異なります)ですが、サーマクールよりも小さなエネルギーの高周波をピンポイント照射できることで、即効性があることが特長です。

このような方に適しています

ポラリス

ポラリスの特徴

ポラリスは自分自身の機能を活性化させる施術です。
一端若返った肌はその状態で新陳代謝を繰り返しますので、急にシワやたるみが戻ることはありません。

治療の流れ

ボトックス器具のj写真
患者さんのご要望や皮膚の状況を把握した上で、ポラリスの治療が最適化か否かを検討いたします。


ボトックス器具の写真
1.肌の汚れ等でポラリスの施術が低減することのないよう、施術部分のウォッシング&クレンジングを行います。
2.照射をおこないます。
※2~4週間を目安に5回程度の照射をおすすめしています

ボトックス器具のj写真
手術等ではありませんのですぐに洗顔やメイクも可能ですが、施術部分に刺激を与えないように注意してください。

ボトックス器具のj写真

施術後48時間以内に照射した部分の皮膚が引き締まり、ハリが出てきます。


ボトックス器具のj写真
施術後すぐにシワの減少・たるみの引き締まりが体感でき、その後1ヶ月から数ヶ月の個人差はありますが、コラーゲンの自己増殖により徐々にシワが消え、たるみが引き締まっていきます。
1クール(5回程度)の照射後、コラーゲン増殖維持のため半年~1年に1回程度の継続施術をおすすめいたします。


注意事項

◆照射後は紫外線に反応しやすいため、日焼け止めクリームを使用し、紫外線対策をしっかり行って下さい。
◆照射後は乾燥しやすくなりますので、十分な保湿を心がけて下さい。ローションパックがおすすめです。
通常かかる費用

ポラリス(顔全体)
¥10,000+税
ポラリス(バスト)
¥30,000+税
ポラリス(ヒップ)
¥30,000+税
麻酔クリーム
¥1,000~¥5,000+税

ポラリスのトラブル一覧

A) やけど

ポラリスは、皮膚にレーザーと高周波による熱エネルギーを加えて引き締める治療ですので、稀に軽いやけどを起こすことがあります。そのため、赤みが1 週間程度続いたり、水疱が出来たりすることがあります。

対応
その場合は、炎症を抑えるステロイドクリームを処方致します。


B) 色素沈着

火傷による水疱の跡が色素沈着として残ることがあります。

対応
その場合、シミ取りのクリーム(トレチノイン+ハイドロキノンクリーム)を処方いたします。


C) 好転反応

新陳代謝が活発になることによって、肌内部に溜まっていた老廃物が出てきて一時的にプツプツとニキビのようなものができる場合があります。

対応
1 週間前後で自然に引きますので、お待ちください。

よくある質問


ポラリスはダウンタイムはありますか?
照射後すぐにお化粧頂けます。
照射直後に赤み・腫れ・ヒリヒリ感などの症状が出る場合がありますが、数時間~数日で消失します。照射後すぐにお化粧頂けます。
ポラリスはどのくらいの頻度で行えば良いですか?
3 週間~1 ヶ月後に1回を複数回行うことをおすすめしております。
1 回の治療でも体感頂けますが、持続させるには3週間~1ヶ月の間隔で複数回行って頂くことををおすすめします。
まずは1クール5回程度行い、その後半年から1年に1回程のペースをおすすめしております。
ご希望の方には、サーマクールやウルトラフォーマなどもご提案させて頂きます。
ポラリスはどのくらいで効果があわられますか?
照射後すぐに体感頂けます。
個人差ありますが、照射後すぐにシワの減少や引き締まりを体感頂けます。
その後1ヶ月~数ヶ月の個人差はありますが、コラーゲンの自己増殖により徐々にシワが消えたるみが引き締まっていきます。まずは1クール(5回程度)の照射後、コラーゲン増殖維持のため半年~1年に1回程度の継続施術をおすすめいたします。
ポラリスは痛いですか?
痛みには個人差があります。
骨の近くや神経の周囲には多少の痛みを伴うことがあります。
痛みの感じ方には個人差があるため、患者様に合わせて照射レベルを設定することが可能です。
痛みに弱い方には麻酔クリームをおすすめします。
line@友だち追加