このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

MENU

ホーム >  エイジングケア >  フェイスリフト(切って上げるリフト)


フェイスリフト(切って上げるリフト)

詳細

顔の余分な皮膚のたるみを取り除き、シャープですっきりとしたフェイスラインを目的とした手術です。
エイジングケアはもちろんのこと、肌の張りや、たるみがなくなることで輪郭がすっきりとし、小顔形成としても有効な手術方法です。

このような方に向いています

・フェイスラインのたるみが気になる方
・シャープで整ったフェイスラインを希望の方
・明確な結果を希望の方
・糸などの異物には抵抗がある方
・締りのある小顔になりたい方

ヴェリテクリニックの特徴

〝リガメント法〟を採用

1. リフトアップと持続期間

顔の皮膚はリガメント(靭帯)と呼ばれる強固な繊維組織によって顔面の骨に固定されているため、皮膚や筋膜のみを引き上げても後戻りがおきます。従来の手法では余分な皮膚や筋膜のみを引き上げていたため、リフトアップが弱く持続期間も短いことや手術後の傷痕の変形が欠点でした。
ヴェリテクリニックでは、皮膚や筋膜に加え、この強固なリガメント(靭帯)も同時に引き上げることで、従来の手法では得られなかったリフトアップはもちろんのこと、持続期間が比べ物にならないほど長くなりました。

フェイスリフト フェイスリフト

2. 傷痕、手術後の変形防止

フェイスリフトは皮膚を切り取るためにどうしても傷跡が残ることになりますが、傷の位置を正しく耳の溝に一致させれば傷痕は目立ちません。また、筋膜や靱帯(リガメント)を使って、タルミを引き上げる手術法を用いれば、傷口に緊張がかからないため、耳たぶの変形や傷痕が幅広く引き延ばされてしまうことはありません。

術式

耳の周囲の目立たない部位に小さな切開を行い、リガメント法を用いてたるんだ皮膚を引き上げます。
首のたるみを気にされている方は頬部と同時に行うことで、さらに若々しく、綺麗なフェイスラインに仕上がります。


フェイスリフト後の変形について

1.傷痕について

耳の溝は複雑なカーブを描いており、それを一直線に切開したり、耳から離したりすれば、傷痕が目立ってしまいます。
傷の位置が悪いために目立つ傷痕の修正は、傷を耳の溝に一致させるようにもう一度フェイスリフトを行います。
フェイスリフトの傷痕がケロイドのようになっていて、頬のたるみも取れていないという患者様は少なくありません。
これは、手術時に十分な剥離をせずに筋膜や靱帯の癒着を残したまま、皮膚を強く引っ張り過ぎて縫合したのが原因です。
幅の広がった傷痕の修正は傷痕を切除するだけでは再発するため、頬のタルミを十分に剥離し、靱帯(リガメント)を用いて皮膚のタルミを耳に向かって引き寄せて、皮膚縫合に緊張が加わらないようにしなければなりません。

2.耳たぶの変形について

皮膚を切除しすぎると、耳たぶが顎に向かって引っ張られてるため変形が生じます。
この耳たぶの変形は不自然でフェイスリフトを受けたことが丸分かりになってしまいます。
引き延ばされた耳たぶを修正する方法にはいくつかの方法がありますが、頬にタルミが残っているときには再度フェイスリフトを行うことによって、タルミを引き上げながら耳たぶの変形を修正できます。
また、耳たぶの変形が再発しないように、頬の靱帯や首の筋膜を耳の周囲の筋膜や軟骨に固定することが大切です。



詳細

額のたるみにより、下がった八の字眉毛や目の上のかぶりが生じることで、暗く疲れた印象や老け込んだ印象になります。
この額のたるみを持ち上げようとして額の横じわがさらに深くなり、より老けて見えてしまいます。
たるみやしわの状態により前額フェイスリフト術と前額部ミニフェイスフィフト術があります。

このような方に向いています

・額のしわやたるみが気になる方
・眉毛やまぶたの下がりが気になる方
・暗く疲れた印象が気になる方
※額に指を当てて額の皮膚を持ち上げてみると、明るいすっきりした印象になる方は前額リフトが最適です。

術式

手術は、髪の生え際や頭皮内を切開し、額のたるんだ皮膚を引き上げてリフトアップする手術です。
まぶたから上半分の顔全体を引き上げ、明るい華やかな表情になります。
傷跡は髪の毛の生え際部分や頭皮内のため目立つ傷にはなりません。

前額フェイスリフト術



前額部ミニフェイスリフト術








福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール