このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

  • 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック


    English
     中文  ご予約・お問い合わせはこちら

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  エイジングケア >  オゾン療法


オゾン療法

オゾン療法
血液クレンジング
“血液をオゾン化”ヨーロッパでは広く認知された血液の浄化療法

※銀座院は、ただいま準備中です。

オゾン療法とは

100mlの血液を専用ボトルを用いて採取し、採取した血液に代謝と免疫系を活性化するためにオゾンを正確に投与します。

血液とオゾンが反応すると、どす黒い血液が一瞬で鮮やかな赤に変色します。そして、オゾンで活性化された血液をボトルから再び体内に戻します。

これだけでも脳と目に酸素がいきわたり、また、冷え性の方などは身体がポカポカと温まるのを体感して頂けます。

実は血液・オゾン療法は、保険診療の治療では緩和しない症状や病気に対する治療法なのです。

血液・オゾン療法は、日本国内ではあまり知られていませんが、イギリス、ドイツ、スイス、イタリア、オーストリア、ロシア等のヨーロッパ諸国では、既に確立された治療法で、エイジングケア、動脈硬化疾患、関節、筋肉などの運動器疾患、そしてがん治療にまで応用されています。

血液・オゾン療法は、専門病院が存在するほどスタンダードな治療法です。

※1回の治療でも影響を認めますが、健康を持続させたり、エイジングケア、疲労感軽減などが目的の方は、2~4週間に1度の治療を受け続けることで維持できます。癌の術後のウィルス性の疾患の方で免疫力向上目的の方は、週に1~2度の施術が必要です。

血液クレンジング



生理的な目的


全身の疲れ、筋肉の疲れのケアを目指します。
ダメージを受けた筋肉の修復を目指します。
乳酸の蓄積を減少させ筋肉の老化防止を目指します。
細胞のエイジングケアを目指します。
細胞呼吸の正常化を目指します。
活性酸素を減少させ細胞の老化防止を目指します。
各臓器と内分泌機能の代謝亢進を目指します。
病気にかかりにくい体質を目指します。
インターフェロンの産生を助け、免疫機能活性化を目指します。
体内の免疫機能、老廃物の排出機能活性化を目指します。
血流正常化を目指します。
手足の血流の循環改善を目指します。

血液クレンジング



安全性

感染症の心配はありません。

血液・オゾン療法では、採血用のボトル、点滴セットは、全てオゾン耐性のドイツ製の輸入品を使用しています。
注射針・採血ボトルは1回限りの使い捨てになっています。
毎回、ディスポーザブルボトルに採血してオゾン化し、それをそのまま体内に戻します。
完全に閉鎖空間での処理になりますので、誰の手にも触れる事がありません。感染の心配は全くありません。

禁忌と検査をしっかり行います

基礎代謝が亢進して、コントロールされていない甲状腺機能亢進症や、高濃度ビタミンC点滴と同様にG6PD損症も禁忌です。
また、妊婦に対しては血液・オゾン療法を行っておりません。
G6PDとは赤血球にあるG6PDという酵素の欠損により、溶血(赤血球が破壊される)が起こる病気です。 G6PD欠損症は日本人に希な遺伝性疾患ですが、数千に1人が先天性遺伝性疾患です。
しかし、遺伝性G6PD欠損症の患者さんに大量のビタミンCの点滴をすると、重度の溶血性貧血を起こすことがあります。 このような合併症を防ぐため、血液・オゾン療法や高濃度ビタミンC点滴を受ける前には、一度必ずG6PDの検査を受けていただき、治療が受けられるかを判断いたします。


血液クレンジング

血液クレンジング

通常かかる費用

初回採血
¥3,000+税
血液・オゾン療法 初回トライアル
¥10,000+税
血液・オゾン療法 2回目
¥20,000+税

オゾン療法(血液クレンジング療法)のトラブル一覧


A) 異常を感じる

当クリニックの検査・治療に際して、医師の指導に従わない場合には、治療効果が得られないだけでなく、副作用や障害が発生する場合があります。
また、検査・治療の過程で異常を感じた場合には、必ず医師の診断を受けて、その指示に従うことが重要です。

対応
診断の結果又は治療の過程で医師が各エイジングケア治療に不適応と判断する場合もあります。


B) 個人差があります

当クリニックの検査・治療は、各種学会等において医学的に認められていますが、効果には個人差があります。
また、比較的新しい検査・治療法であり、将来的に現在の検査・治療に対する評価が変化することがあります。


C) 再穿刺を繰り返す場合があります

お身体の状態(脱水・過緊張・血管収縮等)によっては血液が十分に回収出来ず、再穿刺を繰り返す場合があります。
また、返血時・穿刺時に皮下出血を起こす可能性がありますことをご理解ください。

よくある質問


準備中です
 
 
line@友だち追加