このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

  • Dr.三苫 ウルトラVリフト体験レポート – 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック


    English
     中文  ご予約・お問い合わせはこちら

Dr.三苫 ウルトラVリフト体験レポート – 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

Dr.三苫 ウルトラVリフト体験レポート

Dr.三苫ウルトラVリフト体験レポート

ウルトラV(メーカー)が開発した、PCLという素材でできたコグリフト「 ULTRA V EZ CANNULA PCL 」という糸を実際に三苫先生が体験しましたので経過報告をご紹介します。



体験レポート

右側の頬は、現在クリニックで使っているPDOという素材の糸14本、左側の頬がPCLのVリフト14本を入れました。

PDO(右)の方が素材的に硬いので術直後は強く引き上がった様に見えます。

PCL(左)はPDOに比べて引き上がりはやや弱い様に感じますが、何といっても体内に糸が残る時間がPDOの2倍くらい長いので引き上げ効果が持続します。

個人差もあると思いますが、術後2~3日は顔を動かすと軽い痛みと引きつれ感が強いです。
また、見た目にも強く引き上げれば上げる程、引きつれて見えます。
腫れというよりも引きつれ感の方が目立つので、数日~1週間程度は気になるかと思います。
私自身は、引き上がった事が嬉しくて3日目以降からはあまり気になりませんでした。

PDOとPCLを混ぜて使うのがいいかもしれません。
経過を見ていくのが楽しみです。

Dr.三苫ウルトラVリフト

Dr.三苫ウルトラVリフト

Dr.三苫ウルトラVリフト

Dr.三苫ウルトラVリフト



経過の写真

【翌日】
翌日 翌日


【3日目】
3日目 3日目


【6日目】
6日目 6日目


【13日目】
13日目 13日目


【3週間目】
3週間目 3週間目


ウルトラVリフトを受けてみて

今回、相当な糸の本数を入れたのと、糸が固いこともあって、はじめの2~3日は多少の痛みがあったり、口を開けにくい感じがありました。
また、思いっきり引き上げているので、そのひずみが私の場合は頬骨あたりでややたまる感じと、触った時の凹凸感がありました。
ただ、腫れや内出血はたいしたことなかったので、社会復帰は3日ほどで出来るのではないかと思いました。
心配でしたら5日~1週間といったところでしょうか。
私は術後1週間を過ぎた頃に大学勤務がありましたが、知らない人から見れば全くわからなかったようです。
およそ2週間の経過で糸の固さによる多少のつっぱり感はありましたが、これは効果がある証拠ですし、口を大きく開けたりしなければ気にならない程度です。

30代~50代くらいの方で、少し頬からフェイスラインにたるみを感じてきた方には特にオススメしたい施術です。
施術後の腫れや違和感の期間も短いので、お仕事をされている方でもチャレンジしやすいかと思います。
カウンセリングの際には、より詳しくお話しできますので、お気軽にご相談下さい。


手術前

コグリフト症例
コグリフト症例
コグリフト症例
コグリフト症例
コグリフト症例

術後1ヶ月目

コグリフト症例
コグリフト症例
コグリフト症例
コグリフト症例
コグリフト症例
line@友だち追加