このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

MENU

Cysperaテストページ





Cysperaとは


Cysperaは、医療機関専売のシステアミン5%を配合した美白&美肌のクリームです。
肝斑・色素沈着・シミの改善に効果を発揮します。
さらに美肌効果があり、モチモチとしたハリとツヤのある肌に導きます。

「システアミン」とは?

システアミンは、母乳に含まれているアミノ酸です。
もともと人体の中に存在している成分ですので安全性が高く、美白効果と抗酸化作用を持ち合わせています。

このようなお悩みにお勧めです


肝斑・シミにお悩みの方
ニキビ跡や色素沈着にお悩みの方
自然な透明感とハリ・ツヤ肌を求めている方
肘・膝・脇・お尻の黒ずみが気になる方
ハイドロキノンのアレルギーがある方

1日たった15分


Cysperaは、塗布して1日15分待つだけなので、とても手軽な治療です。16週間継続して行います。
夜に使用した方が短期間で効果を実感できます。
朝や昼間の塗布の場合は、実感するまでに数週間かかる場合があります。

Cysperaは浸透力に優れているため、皮脂分泌がされた状態での塗布が推奨されていますので、塗布の前に洗顔はしないで下さい。ファンデーションの上からCysperaを塗布して、一緒にクレンジングすることもできます。

1.洗顔せずに塗布

塗布する前に洗顔はしないでください。どうしても洗顔が必要な場合は、洗顔してから塗布するまでに1時間あけてください。

2.待つだけ

2~4プッシュの量を肌全体に薄く塗り15分待ちます。熱感または軽度のピリピリが生じることがありますが、次第に落ち着きます。

3.優しく洗い流す

ぬるま湯で軽く洗い流し、しっかりと保湿します。タオルで優しく水分をとります。

4.治療中は保湿が重要

より良い効果を保つために日中も常に保湿を心掛け、SPF値の高い日焼け止めをご使用ください。

FAQ


乾燥した肌に塗ると、強い赤みや刺激、発疹等が発生する場合があります。皮脂分泌が少なく乾燥がひどい場合は化粧水や乳液などでしっかりと保湿してから塗布してください。



Cysperaの使用を開始した後、稀に軽い赤みや刺激を感じる場合がありますが、洗い流した後、少し時間をおくことで改善します。これは正常な反応で塗布開始から数日間続く可能性がありますが、徐々に肌が慣れてくることで治ります。ただし、強い赤みや刺激が数日間経っても治まらない場合は、使用を中止し医師にご相談下さい。



可能です。注意事項として、ダウンタイムが発症している間はCysperaの使用は避け、皮膚が落ち着くまで数日待ってからCysperaの使用を開始してください。



トレチノインによる落屑や発赤などの症状がみられる間は、Cysperaの使用は避けて下さい。症状が落ち着いてからの併用は問題ございません。また、既にCysperaを使用している患者さんがトレチノインを使用する場合も、皮膚が落ち着く6~8週間後から併用を開始して下さい。



Cysperaの塗布量は、お顔全体をまんべんなく覆う程度を適量としていますので、薄すぎないように塗布して下さい。2プッシュを目安としてください。



保管温度は15℃~30℃ですので、極度に高温になる場所でない限り温室での保管で問題ありません。Cysperaは空気に触れると酸化して茶色くなる性質がありますので、ポンプの口にクリームが付着したまま、長い間使用せずに保管しているとポンプの口に茶色く変色したクリームが付いていることが稀にあります。その場合は数回ポンプをプッシュし、茶色い部分を取り除いてから使用するようにしてください。尚、チューブはエアレス式になっているため、チューブ内のクリームは空気に触れることはありませんのでご安心ください。



妊婦または授乳婦、小児の使用に関する安全性試験は実施されていないため、ご使用はお控え下さい。

福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール