このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。


美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

形成外科 第50巻第9号(2007年9月号)

克誠堂出版 形成外科 第50巻第9号(2007年9月号)Pepars フェイスリフト実践マニュアル deep layer でのフェイスリフト

・Abstract

顔面の皮膚とSMASは共にretaining ligamentによって深部組織に強く固定されている。retaining ligamentの無いところでは、その癒着が弱い。

そのため、加齢によって皮膚が垂れ下がってきた時、retaining ligamentの存在する所では下垂が少なく、凹みとなる。フェイスリフトで皮膚やSMASを引き上げると、retaining ligamentは抵抗として働き、内側の引き上げを妨げることになる。

フェイスリフトの影響をできるだけ顔の正面まで伝えるためにはretaining ligamentを切離する必要がある。

そこで、頬から頸部にかけてSMASとplatysmaの下面を剥離してzygomatic ligamentとmasseteric ligamentを完全に切離し、切離したligamentの断端を外側のSMASや頬骨骨膜につり上げる操作を取り入れた。

自験例で評価してみると、retaining ligamentの切離が不十分であった術式に比べ、jowlが著しく向上した。

line@友だち追加
Twitter