このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  エイジングケア >  イデバエ


イデバエ

詳細

イデバエはソフトリフティングと肌老化にブレーキをかけるエイジングケア治療です。
老化の原因を取り除く抗酸化成分「イデベノン」と、筋収縮を助けソフトリフティングできる「DMAE(ジメチルエタノールアミン」の2つの成分から構成されている薬剤です。
この薬液を注入する層により、肌全体のハリを出したり、ゆるんだ筋肉を引き締めることを目指します。

このような方が向いています

イデバエの画像

・たるみが気になる方(リフティング)
・肌を引き締めたい方
・毛穴が気になる方
・ニキビ、ニキビ跡が気になる方
・肌の老化が気になる方



イデバエの特徴

2つの強力なエイジングケア成分「イデベノン」と「DMAE」で 構成されています

イデバエの特徴説明画像

イデバエを注入する層により影響が異なります

「皮膚真皮」に注入する場合

極少量ずつ皮フの浅い層に細かく注射することで、低下した肌のハリを取り戻すことができます。

【持続期間】
個人差はありますが、1週間に1回の施術を4回繰り返すことにより4~6ヶ月間程続きます。
当院では1クール5回の施術をおすすめしています。


「筋肉」に注入する場合

お顔の表情筋に注射するとゆるんだ筋肉が引き締まり、眉や上まぶたのリフトアップ、口角を持ち上げることができます。
ボトックス注射が効きすぎて目の上のタルミが強くなった場合の対処法としても有効です。

【持続期間】
個人差ありますが、注入後約3ヶ月で弱まり、筋肉の収縮が元に戻ります。3~4ヶ月の間隔で定期的に注入することをおすすめいたします。

治療の流れ

Step1 問診

問診表をご記入いただきます。 現在のご体調、既往歴や麻酔経験など、受けて頂くために必要 な情報をお伺い致します。

Step2 ドクターによるカウンセリング

カウンセリングの写真

ご相談内容を、担当ドクターがお伺い致します。ドクター以外のスタッフがメインのカウンセリングを行うクリニックもありますが 「カウンセリングも治療の一部」という考えの元、ヴェリテクリニックではドクター 自身が施術方法・施術内容を丁寧にご説明致します。

Step3 メイク落とし・麻酔

洗顔の写真

施術部位のメイクを落としていただきます。また、痛みに敏感な方には麻酔テープや麻酔クリームをご用意しております。30分程で麻酔の効果が現れます。

Step4 デザイン・イデバエ注入

デザイン・注入の画像
注入部位に手術用のペンで印をつけていきます。 イデバエの特徴について熟知したドクターが、適切な注入部位や量を見極め、 細心の注意を払いながら自然で美しい仕上がりにしていきます。 また、当院では極細の針を使用する事で痛みを軽減しています。
Step5 止血

止血の画像

ガーゼで止血を行います。直後は小さな針跡や赤みがありますが、一時的なものです。

Step6 ご帰宅

帰宅の画像

すぐにご帰宅できます。お化粧も出来ますので、パウダールームをご利用下さい。

注意事項

◆注入直後は、リキッドタイプのファンデーションは針穴から入り込み感染の原因となるので当日はお控え頂き、パウダーファンデーションをご使用下さい。
◆ボトックスとの併用は効果がみられないため同日の施術は行っておりません。
◆2回目以降の注入は、最低1週間は空けて頂いております。


併せて行った施術・その他費用

イデバエ
¥40,000+税
麻酔クリーム
¥1,000~¥5,000+税

イデバエ注入(皮膚真皮)のトラブル一覧


A) アレルギーをおこす

ごく稀にアレルギーを起こすことがあります。(現在ではアレルギー反応の報告は受けておりません。)
注入後から、または、数日後から約2週間の間に、異常な赤みや腫れ・重度のかゆみ・熱感等の症状が出ます。

対応
アレルギーを起こした場合、抗アレルギー剤の内服や点滴(ステロイド)を受けて頂く為に通院が必要になります(無料)


B) 投与直後の紅斑と浮腫

注入直後に細かい血管が拡張し皮膚の炎症によって生じる赤みや浮腫は一時的なもので長時間続く事はありません。


C) そう痒・皮疹

注入後、そう痒感(重度のかゆみ)・皮疹が生じる場合がありますが一時的なもので長時間続くことはありません。

対応
異常を感じた時は来院頂くようお願いいたします。


D) 頭痛

ごく稀に多量に注入すると頭痛が起こることがあります。

対応
詳しい報告はありませんが薬の成分によると考えられています。
もし頭痛が起こっても一時的なものであり長時間続くことはありません。


E) 不眠症

ごく稀に多量に注入すると不眠症になることがあります。

対応
詳しい報告はありませんが薬の成分によると考えられています。
もし不眠症になっても一時的なものであり長時間続くことはありません。


F) こわばり感

注入後、一時的に注入箇所にこわばり感・つっぱり感が生じることがあります。
筋収縮によって起きる症状であり異常な経過ではありません。

対応
イデバエの効果が弱くなるにつれて、こわばり感やつっぱり感は緩和します。


G) 感染(化膿する)

注入部の熱感・痛み・腫れ・赤みが増す、またその症状が長引く場合には感染が疑われます。

対応
感染が起きた場合、内服薬の処方、抗生剤の投与のため通院が必要になります。
稀なケースではありますが、感染がひどい場合には、切開をして膿を出す必要があります。
注入後1ヶ月以内の感染 内服薬の処方、抗生剤の投与、処置は無料

よくある質問


イデバエは1回で効果ありますか?
施術目的により回数は異なります。
肌のハリや引き締め、たるみ緩和を目的とする「皮膚真皮」に注入の場合には、1週間に1回の施術を4~5回繰り返すことをおすすめしています。
眉や上まぶたや口角の表情筋を持ち上げる目的とする「筋肉注射」の場合には、1回の注入でメリットが現れますが、3~4ヶ月の間隔で定期的に注入することをおすすめいたします。

イデバエの持続期間はどのくらいですか?
個人差ありますが、3ヶ月~6ヶ月程です。
個人差はありますが、皮膚真皮に注入した場合は4~6ヶ月程、筋肉注射の場合は3ヶ月程度で影響が弱まってきます。
継続したい方には、複数回行って頂くことをおすすめ致します。
line@友だち追加