このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

  • 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック


    English
     中文  ご予約・お問い合わせはこちら

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  口元・唇 >  アヒル口形成


アヒル口形成

詳細

ヒアルロン酸を用いて「アヒル口」を形成します。
口角がキュッと上がっている唇「アヒル口」は女性の「可愛らしさ」や「セクシーさ」を表す特徴のひとつとされています。

このような方に適しています

水光注射の機器画像

・アヒル口を希望の方
・口角を挙げたい方
・可愛らしい印象をご希望の方

ヴェリテクリニックの特徴

アヒル口は口角が上がり口先がやや突き出したような形状をしており、美容整形で作ろうとすると、口角挙上と口唇拡大などを組み合わせて行う必要があると考えられています。
しかし、アヒル口の上口唇と口角の位置関係に注目すると、口角はそれほど高い位置にあるわけではなく、真ん中が極端に厚い事もありません。
口角はむしろその内側が下がっている結果として口角が上がって見えるものです。
ヴェリテクリニックはこの点に着目して、ヒアルロン酸注入中心のアヒル口形成手法を開発しました。

術式

ヒアルロン酸注入 アヒル口形成

一般的な唇

ヒアルロン酸注入 アヒル口形成

口角をあげた場合アヒル口には見えません。

ヒアルロン酸注入 アヒル口形成

口角をあげるのではなく、口角の内側を下げた場合アヒル口になります。
この口角の内側にヒアルロン酸を注入しアヒル口を形成します。
治療時間5分ほどです。



ヒアルロン酸注入 アヒル口形成

通常のヒアルロン酸は表面麻酔をしても注入時に痛みを感じてしまいますが、ヴェリテクリニックで採用しているジュビダームヒアルロン酸は、痛みを低減する麻酔液が入っております。



この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール


ヒアルロン酸注入の流れ

Step1 問診

問診表をご記入いただきます。 現在のご体調、既往歴や麻酔経験など、受けて頂くために必要な情報をお伺い致します。

Step2 ドクターによるカウンセリング

カウンセリングの写真

ご相談内容を、担当ドクターがお伺い致します。ドクター以外のスタッフがメインのカウンセリングを行うクリニックもありますが 「カウンセリングも治療の一部」という考えの元、ヴェリテクリニックではドクター 自身が施術方法・施術内容を丁寧にご説明致します。


Step3 メイク落とし・麻酔

洗顔の写真

施術部位のメイクを落としていただきます。また、痛みに敏感な方には麻酔テープや麻酔クリームをご用意しております。30分程で麻酔の効果が現れます。

Step4 デザイン・ヒアルロン酸注入

デザイン・注入の画像
注入部位に、手術用のペンで印をつけます。ヒアルロン酸は、注入部位や注入量、年齢や肌質によって種類を使い分ける 必要があります。
Step5 止血・マッサージ

止血の画像

ガーゼで止血し、ヒアルロン酸を馴染ませるマッサージを行います。

Step6 仕上がりチェック

仕上がりチェックの画像

担当ドクターと、お鏡で仕上がりをチェックしていただきます。

Step7 ご帰宅

帰宅の画像

すぐにご帰宅できます。お化粧も出来ますので、パウダールームをご利用下さい。

ドクターOPE詳細 関連記事

この施術を見た方は、こちらの施術も見ています。

line@友だち追加