このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

このWebサイトを正常にご覧いただくには、お使いのブラウザのJavaScriptを有効にする必要があります。

  • 美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック


    English
     中文  ご予約・お問い合わせはこちら

美容整形・美容外科ならヴェリテクリニック

ホーム >  目元・二重 >  小切開法


小切開法

詳細

小切開法は上まぶたの1 ~3 箇所を部分的に切開し二重をつくる手術です。
小さな切開で一重まぶたを二重に、二重の幅を広げるといったしっかりとした二重のラインを形成します。

このような方に向いています

・持続的な二重が希望の方
・小さな傷跡にしたい方
・まぶたが厚ぼったい方
・腫れを抑えたい方
・埋没法が取れてしまった方

小切開の特徴

1. 小さな傷痕

 上まぶたの1~3箇所を部分的に切開します。全切開の傷は25~30ミリに対し、小切開は5~10mm程です。
 小さな切開線のため術後の傷痕が目立つことがありません。

2. 安定した二重

 皮下組織の処理をしっかり行うため持続的に安定した二重ラインができます。 糸で留める埋没法のように散れる心配がありません。

3. すっきりしたまぶた

 小切開でまぶたの脂肪(眼窩脂肪)を除去することも可能です。腫れぼったいまぶたがすっきりとした二重に仕上がります。

術式

小切開 小切開
小切開 小切開 小切開


二重手術の比較

二重の手術には埋没法、小切開法、全切開法があります。小切開は埋没法に比べラインが取れてしまうことはなく、小さな傷痕、腫れが少ないことが特徴です。二重の仕上がりは埋没法とほぼ変わらないですが、ラインのくい込みを深くすることができます。
埋没法に比べると二重のラインは長く持ちますが、全切開法に比べると二重のラインが消失する可能性は高くなります。
「埋没法の術後に二重の線が消失した」「皮膚が厚い、脂肪が多い」といった方は小切開法が適しています。
小切開
福田慶三医師が監修しました
この記事は、
ヴェリテクリニック理事長
福田慶三医師が監修しました。 プロフィール

よくある質問


切開法のダウンタイムはどのくらいですか?
大まかな腫れやむくみは1週間程です。
個人差はありますが、大まかな腫れやむくみ1週間程度です。
希望される二重幅によっては腫れやむくみが長引くこともありますが、時間の経過と共に落ち着いてきます。
小切開の傷痕は目立ちますか?
最小限の切開線のため、傷痕が目立つことはありません。
二重のラインに沿って7~10mm程度切開線として傷痕は出来ますが、最小限の傷痕となるため目立つことはありません。
しかし、医師の技術や経験が乏しい場合に切開部分の境目に段差や凹みが生じる可能性もあるため、クリニック選びは重要になります。
line@友だち追加